転職・就活・昇進

【徹底検証】Webテスト代行業者を選ぶ5つのポイント

更新日:

どの業者が良いかわからない問題

いざウェブテストの代行サービスを利用してみようと考えた時に、じゃあ一体どの業者サービスから申し込めば良いのだろう、と迷われる方も多いと思います。

「webテスト  代行」などと検索すると、様々なサイトが並び、どれを選んで良いのか迷われると思います。これはwebテスト代行業に限らずですが、どこの企業も自分たちをよく見せようと必死に宣伝するため、なかなか悪い点というのが見えにくいのも事実です。

また、実際長年にわたり代行サービスの対応をしてきて、利用者からその手のリアルなご意見を承る機会も多くありました。

今回はそのような方の課題に対し、就活・転職者の気持ちに立ち返り、Webテスト代行業者を選ぶ5つのポイントをご紹介します。

1.口コミや利用者の感想・評判を見る

誠実な対応をしていない業者サービスに対しては、どこかに悪評がついていたりします。

(一例)Webテスト代行センター、webテスト攻略.com、ポラリスなど

火の無いところに煙は立たず。それらをまずは候補から外してください。別記事にて、実際にサービスをご利用頂いた方から頂いた感想・ご意見を掲載しております。

掲載口コミ数66件(2020.3現在)

webテスト代行の女性スタッフ
【業界実績NO.1の信用信頼】Webテスト代行・ウェブテスト代行サービス利用者のおすすめ口コミ評判

<2020.3> 依頼件数 1,809件 <2020.3> 利用者の声 66件 <2020.3> LINE友だち 2,074人 webテスト代行・ウェブテスト代行サービス利用者の口コミ評判 ここでは、 ...

続きを見る

※一人一人の方からLINEやメールで掲載のご了承を頂いています。

2.実績を見る

webテスト代行という業態サービスが、利用者の秘匿性・プライバシーの重要度が高く、それを担保するために公のオープンな環境ではエビデンス性やリアリティが高い証跡ほど開示しにい、という現状があります。逆に言うと、この評価実績があり、かつ現在も運営されているものは決め手の一つと考えられます。

なお、当サービスはcoconalaというプラットフォームでも掲載をしており、実際に販売実績があります。

プラットフォーム販売にそこまで力を入れていないこともあり、数だけ見るとあまり多くないのですが、それでも「きちんと実績を出している」というところがポイントです。

以上を踏まえた上で、ご検討頂ければ幸いです。

サービスをもっとよく知りたい>

3.テストの対応範囲を見る

自分が受ける企業から出されるwebテストの種類が把握できる場合、事前に対応しているかどうかがわかったほうが、余計な時間がかかりません。

なお、我々のサービスで対応してきたウェブテストの実績一例になります。

通過実績があるテスト種類一例

玉手箱、CAB、GAB、SHL、TG-WEB、eF-1G(エフワンジー)、適性検査、不適性検査スカウター(tracs)、TAL、TAP、CASEC(キャセック)、アドバンテッジインサイト、bridge、CUBIC、TAL、CST、GPS、VERSANT、COMPASS、企業独自テスト他

以下のLINEからお問い合わせをすれば、最速5分以内にはお返事が来て、ウェブテスト全般のお悩み相談〜お見積もりまですぐに取ることができます。

サービスをもっとよく知りたい>

4.申込みは直接HP(ウェブ)からが吉

先ほど出たcoconala(ココナラ)はじめ、今の世の中、様々なプラットフォームで溢れかえっています。

例:Mercali(メルカリ)、Lancers(ランサーズ)、CrowdWorks(クラウドワークス)、Yahoo!オークション(ヤフオク)、note(ノート)、TimeBank(タイムバンク) などなど

普通にWEBサイト(HP)から申し込んだら良いのか、これらのプラットフォームから申し込んだほうが良いのかで迷われる方も中にはいると思います。

たしかに有名なプラットフォームであればあるほど、目に触れる機会は多く、そもそも申し込むきっかけになり得る可能性が高いことは間違いありません。また、大手のサービスで利用できる、という安心感を得やすいという側面もあるかもしれません。

ただし。

いざサービス提供をする側になってみて初めてわかりましたが、それらに掲載している人へ依頼をかけることは、基本的にお得ではありません。

先ほど述べたようなメリットと引き換えに、我々サービス提供側の人間がプラットフォーム側に対し、じつは高額な手数料を支払っているため、単価を値上げせざるを得ない状況に陥りやすいです。

メルカリなどで物を売ったことがある方は何となく想像しやすいと思います。

ですので、このようなHP(ウェブサイト)から申し込んだ方が賢い買い物ではあります。

また、coconala(ココナラ)のようなサービスに至っては、出品時に販売価格を先に決めなくてはならないため、テスト仕様や対応科目や納期などで変則的になることが多いウェブテストの依頼を受ける場合、きめ細かいお見積もりを算出することが難しく、結果として最初から高めの金額設定をせざるを得ないケースが多いです。(我々の代行サービスもcoconalaでも展開しておりますが、エントリー3万円となっています)

また、たいていこのようなプラットフォームサービスは個別にLINEやメールなどの連絡先でやりとりをする事を禁止しているため、プラットフォームのチャットツールを使わざるを得なく、対応スピードが落ちる、画像添付ができないなどの柔軟性に欠ける、などのデメリットが起こります。よって、直接HP(ウェブサイト)からお申し込みをされる事をお勧めいたします。以下から直接問い合わせ可能です。

サービスをもっとよく知りたい>

5.実際に問い合わせてみる

いざ決心をして問い合わせをしたら連絡が来ない、BOTのような自動返信メールしかこない、といった業者はもってのほかです。

また、大手業者によく見られる、返事に1日程度かかる場合も、あとあと何か困った時にすぐに相談したい、というホスピタリティ・安心面という点にやや欠けます。

時間をかけてゆっくりと比較してみたいという方はともかく、早く頼みたい、期限が今日中で困っている、といった方にとって、ここは最重要な条件になるかと思います。

以下のLINEからお問い合わせをすれば、最速5分以内にはお返事が来て、ウェブテスト全般のお悩み相談〜お見積もりまですぐに取ることができます。

サービスをもっとよく知りたい>

まとめ

以上、Webテスト代行業者を選ぶ5つのポイントでした。

なお、当サービスでは基本的にどのような依頼にも対応します。

長年やっていると、企業オリジナルなどどうしても実績が少ないテストの依頼を頂くこともありますが、そのような場合でも基本お断りしません。

実績があまり無いために希望する正答率にどこまで近づけるかはやってみない場合もあることは明示しつつ、一般受験者と比べたら我々の代行スタッフのほうがwebテスト全般のノウハウを所有していたり、入力作業効率が高いため、彼らより高い得点を叩き出せる可能性のほうが高いです。

なお、どれくらいの正答率だったかも事後に報告するため、そのようなテストの場合でも、これまで依頼後にネガティブなご意見を頂いたことはございません。

まずは以下からお気軽にお問い合わせ・お申し込みをしてみてください。

最短3分!LINEで即日対応!

今すぐ申込む/問合せる

サービスをもっとよく知りたい>

メールでのお問い合わせをご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご入力お願いします。

※お問い合わせの際、ご指定のメールアドレス宛にお返事をお送りするため、迷惑メール転送やブロックなどの設定を解除しておいてください。


まずは「テスト種別(わかれば)」「代行を希望する科目内容(わかれば)」「代行の希望完了日時」をご連絡くださいませ!

 

 

1910

-転職・就活・昇進

Copyright© URAWAZA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.